本文へスキップ

じんじ屋エールは自由設計が基本コンセプト。

じんじ屋エール

since1995

データインポートSERVICE&PRODUCTS

○○○○○○○○イメージ
    



「データインポート」
指定のExcelシートからインポートする方式で、社員数が多い企業の入力作業を軽減します。
想定できるエラーはすべてチェックしますので、インポート時のエラーをほぼ回避できます。



やり方はいたって簡単!
Excelからデータをインポートするにはボタンを押すだけです。

データをインポートできるのは、会社情報、各種マスタ、人事情報、従前賃金、評価要素デイクショナリ、コンピテンシーディクショナリの6つで全29項目です。

01■会社情報
10■社員区分
11■所属大
12■役職
13■職種
14■最終学歴
20■所属小
21■コース
22■住宅区分
23■採用区分
24■資格・免許
25■続柄グループ
26■続柄
27■出身地
30■自由1
31■自由2
32■自由3
33■自由4
34■自由5
50■社員情報
51■家族情報
52■資格・免許保有状況
60■従前賃金
80■評価要素グループ
81■評価要素
82■着眼点

会社情報や各種マスタは、じんじ屋エール(賃金体系・人事評価・賞与配分)で直接登録しても時間的にはあまり変わりません。データインポートが威力を発揮するのは、人事情報と従前賃金の登録です。

人事情報のデータインポート

社員情報 → チェック → データインポート(別画面で表示)


作業内容を選択して社員情報ボタンを押します。
・新規は、データをすべて置き換えます。
・追加は、現在のデータを残して追加登録します。


チェックボタンのエラー表示例(各種マスタ/社員区分)



上記以外にも様々なエラーチェックを行います。
例えば、人事情報で各種マスタに設定のないCodeを登録しようとするとエラーになります。

参考 >>> データインポートサービス


ナビゲーション

バナースペース

web説明会